トータルプロデュースにより演出される純和風の空間 | ヤンゴンプレス(Yangon Press)| 日本とミャンマーをつなぐ情報誌 ミャンマーのニュースを日本にお届け

トータルプロデュースにより演出される純和風の空間

10月に入り、ヤンゴンは雨期から乾季へと移り変わった。
乾季の訪れは観光シーズンの到来でもあり、絶好の建設シーズンでもある。

数か月、長くは数年かけて建てられた物件には、”内装”という命が吹きこまれる。

これらの写真は、とあるミャンマー人オーナーが経営する寿司屋の店内である。

bianca-1

座布団と畳、掘りごたつ、ふすまと和のテイストがふんだんにあしらわれている。

ここまで和のテイストを表現した内装は、ヤンゴンでも類を見ない。

 

この店舗に内装を施したのは日系建築・内装業者の「BIANCA Co.,Ltd」

日系企業が100%出資する外資企業の同社は、ビルやサービスアパートの建築を中心に、内装にも力を入れており、建築に関する事業であれば手広く取り扱ってる。
 
同社代表の伊藤氏は「弊社は日本でのマンション、ホテル、アパートの建築経験を持ち、あらゆる業種の内装のノウハウも持っています。そのノウハウをミャンマーの気候・風土に合わせて、プランニングからアフターフォローまで”トータルプロデュース”で対応させていただきます」と語る。

bianca-5

(同社オフィスも自らが施工した)
 
Bianca Co.,Ltdがこだわる”トータルプロデュース”には、ローカルには無い、日系企業ならではの心配りがあるようだ。

 

4つのポイントでトータルプロデュースの流れをチェック

1.日本式の徹底したプランニング
2.細部までこだわった見積もり
3.JAPAN Qualityの施工
4.アフターフォロー

 
 
 
1.日本式の徹底したプランニング
トータルプロデュースはまず、顧客の要望をとことん聞くところから始まる。
抽象的な要望も多いが、それを図面や絵コンテで具現化するのだ。

bianca-2

絵コンテであれば、素人にはなかなか想像しがたい図面よりも、完成イメージがより具体的になる。
 
ちなみにローカルの業者であれば、基本図面があまりなく、出来上がりとイメージにギャップが生じることも多いとか。
 
 
2.細部までこだわった見積もり
プランニングが終わり、使用・内容が決定すれば次は見積もりだ。
 
ローカルの業者である場合、職人の経験と勘を頼りにした、トータル金額のみ提示されるため、施工中に金額が変動することもあるのだとか。
 
その点、BIANCA Co.,Ltdは細部までこだわった見積もりを算出するため、顧客が納得のいく金額提示ができるという。
 
 
3.JAPAN Qualityの施工

bianca-3

これはあくまで一例だが、ローカル業者が施工した電線の写真だ。
 
「どの電線がどこへ繋がっているのかわかっているから良いだろう」と発言していたとのことだが、安全への配慮が欠けている。
 
こういった事態を招かないように、BIANCA Co.,Ltdでは日本語、英語、ミャンマー語が話せる管理者を置くため、細部まで打ち合わせ・指導が可能。それでも伝わらない場合でも、業界歴25年の伊藤代表が実際に施工してみることもあるそうだ。
 
 
4.アフターフォロー
アフターフォローは主に2種類。引き渡し後6か月の保証期間と1年後の点検制度だ。
 
ローカルの業者であれば、引き渡し後のトラブルはなかなか対応しないところを、6か月にわたってトラブルを解消してくれる。
 
また、引き渡し1年後には担当者が物件の状況確認を行い、施工のミスが見つかれば無償で補償を受けることができる点も安心だ。
 
bianca-4
(入念な打ち合わせの様子)

気になるのはコスト面

ここまでJAPAN Qualityを担保されたサービスであれば、気になるのがコスト面だ。
 
伊藤氏は「どうすればお金をかけずに、ハイクオリティにできるか工夫するノウハウはあります」と自信をのぞかせた。
 
また、建物に必要な材料などは、パートナー企業の協力により安価に入手できるそうだ。

 

まとめ

BIANCA Co.,Ltdがこだわる”トータルプロデュース”には日系企業ならではの細かな気配りが随所に散りばめられている。
 
そして、これまで培われたノウハウと、パートナー企業との協力によりコストを抑えることも期待できそうだ。
 
ビルやサービスアパートの建築や、純和風テイストの内装を、JAPAN Qualityでご希望される方は下記に問い合わせを。

 
bianca-logo
BIANCA Co.,Ltd
Room 5A No.54 Baho Road, Sanchaung Tsp, Yangon, Myanmar
e-mail bianca.itod@gmail.com
TEL 09-9797-65756 (日本語・英語対応)
TEL 09-7964-48724 (ミャンマー語・英語対応)
Facebook Bianca CO.,LTD Myanmar

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
ヤンゴンプレス(Yangon Press)| 日本とミャンマーをつなぐ情報誌 ミャンマーのニュースを日本にお届けの最新情報をお届けします
オススメの記事

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

このまとめのキュレーター

PR

カテゴリ一覧

PR

スポンサードコンテンツを配信しております。

政治記事一覧

脚に仏のタトゥーが入っているため外国人を強制送還 マンダレー

YPReporter

世界寄付指数 ミャンマーは3年連続の世界一

YPReporter

アウンサンスーチー氏、11月1日に訪日

YPReporter

日本から贈られたアザラシ5頭がネピドー動物園へ到着

YPReporter

ゴミ焼却発電所を2017年までに完成させる ヤンゴン管区環境保護部

YPReporter


経済記事一覧

文化庁主催の「日本映画祭2017」が来年1月13日から19日にかけて、ヤンゴンで初開催

YPReporter

宮崎県延岡市がマンダレーの中小企業を支援

YPReporter

ミャンマーオープン 2017年1月26日から29日にかけて開催

YPReporter

BRTバスの切符購入をモバイル決済で システム導入は12月中に完了予定

YPReporter

ミャンマー国内の求人 NGOに人気集まる

YPReporter


災害・事件記事一覧

ヤンゴン市内のバイク運転は依然として許可していない 運輸・通信省副大臣

YPReporter

17日、カチン州Myit kyi Nar市でマグニチュード4.9の地震が発生

YPReporter

防犯カメラを新たに120台設置 マンダレー

YPReporter

JICAが支援する気象観測所 3か所目となるマンダレーは2017年に完成

YPReporter

ヤンゴンで密入国者を拘束 不審者を見かけたら通報するように ヤンゴン管区警察

YPReporter

ヤンゴンプレス(Yangon Press)| 日本とミャンマーをつなぐ情報誌 ミャンマーのニュースを日本にお届け | 日本とミャンマーをつなぐ情報誌 ミャンマーのニュースを日本にお届け